RECRUITMENT
WEBSITE

INTERVIEW

INTERVIEW

06

VRは
そう遠くないうちに
誰もが使う技術になる

ビジネス開発チーム

COO / BUSINESS PRODUCER

小川 哲司

テレビ局で報道記者、番組ディレクター、編成等でテレビ番組制作に携わり、地デジ放送スタートと相前後してITビジネス開発を担当。
スマートフォンアプリ開発や、Webサイト、データ放送の企画・制作など、放送局における様々なクロスメディア施策を手がける。2017年9月より現職。

INTRODUCTION

01

COO小川さんの主なお仕事内容を教えてください。

ジョリーグッドの様々な事業を統括する立場です。CEOの方針をキャッチアップし、その方針に従って事業を進めていくのが仕事ですね。
今は、元テレビ局ということもあって、「GuruVR Media Pro」の営業も行っています。
全国の放送局や様々な企業の方とお会いしますが、お会いした誰もが、我々のソリューションを驚き、喜んでくれるのはとても嬉しいですね。

INTRODUCTION

02

会社の雰囲気はどんな感じですか?

毎日エキサイティングな出来事の連続で、とても活気がある一方、社員間の雰囲気は非常にフレンドリーかつフラット。話やすく、意思の疎通がしやすい環境になっていると思います。お昼になると近くまでお弁当屋さんが来るのですが、みんなで揃ってお弁当を買いに行きます。そんなフラット具合ですね(笑)

INTRODUCTION

03

VR×AIの今後の展開はどうなっていきますか?

VRはそう遠くないうちに、誰もが使う技術になると思います。エンターテイメントだけではなく、社会のインフラになっていく可能性が高い。その時我々の持つAIの技術は、VR空間を現実の世界とつなぐ「インターフェース」に変えることができると思っています。

INTRODUCTION

04

未来のジョリーグッドメンバーへひと言お願いします!

ジョリーグッドのミッションは、テクノロジーとエンターテイメントを軸に、「ワクワクする気持ち」を形にして、その価値を社会に提供していくことです。私も「ワクワク」し続けたくて、ジョリーグッドに参加しました。あなたの情熱・パワー・好奇心を、ジョリーグッドで活かしませんか?素晴らしい仲間とエキサイティングな仕事が待っています!

OFFICIAL
ACCOUNT